【Apple Watch】ステンレスなのにストレッチ、ソロループに新たな選択肢。

こんにちは、holloです。

私が最も愛するガジェットと言っても過言ではないApple Watch。今回はそのバンドについて書いていきたいと思います。

Apple Watchのバンドについて

皆さんはApple Watchのバンドは何を使っていますか? Apple Watchに元々付属しているスポーツバンドをそのまま使い続けているという人も多いのではないでしょうか。シリコンのさらりとした肌触りで着用していてもストレスが少ない良いバンドですよね。

ですが、それ以上にストレスレスなバンドがあります。それはソロループバンドです。

ソロループバンドとは、伸縮性と強度の高い液状シリコンゴムを仕様した金具のないバンドです。 伸縮性があるため、着用するときはぐいっとひっぱり伸ばしてから手をくぐらせます。伸縮性が高く手に合わせて伸縮してくれるだけでなく、金具がないのでバンドを何かに引っ掛けるようなこともなく、着用していてストレスがほぼありません。デスクワークの際に、金具がパソコンや机を傷つける心配がないのも地味に良いポイントです。

さらにさらに! ソロループにはブレイデッドドロループという種類があります。シリコン性の糸を織り込んだバンドとなっていて、ソロループ同様、金具レス・伸縮性があるだけでなく編み込まれた糸に隙間が生まれるため、蒸れの軽減までしてくれます。着用した時のストレスがほぼ0のため、私は普段の着用から、運動時、寝る時まであらゆるシーンでブレイデッドソロループを着用しています。このブレイデッドソロループは腕時計のバンドにおける一種の発明だと思っています。それほどまでに快適でストレスのないバンドです。

快適すぎるが故の悩み

さて、個人的にはブレイデッドソロループが最強のバンドだと思っているのですが、最近、最強故の悩みを感じていました。

それは「飽き」です!!

そう、飽きてしまうんです。 

私はほぼ毎日、充電する時以外、就寝時も含めてApple Watchを着用しています。 そのため、同じバンドだけでなくたまには気分を変えてApple Watchを着用したいなと思うようになりました。そんな思いで新しいバンドを探していた時に出会ったのが今回紹介するバンドです。

「METAL STRETCH STRAP」というバンド

前置きが長くなりました。今回購入したバンドを紹介します。

「METAL STRETCH STRAP」です。ブレイデッドソロループに飽きていたこともあり、今回はソフトな質感のバンドとは打って変わり、メタル系のバンドを購入しました。

実際にApple Watchに取り付けた見た目はこんな感じ。本体のミッドナイトカラーと黒いバンドとの組み合わせシックでかっこいいです。表面は少しマットな質感で仕上げているため安っぽい光沢感がなく、落ち着いていて想像していたよりも高級感があるなと感じます

そして、このバンドの最も特徴的な部分がこちらです。

ご覧の通り、バンドが伸びるんです! 名前にもあるようにメタルバンドなのにストレッチ性があります。

バンドは細い板状のパーツを無数に組み合わせて作られています。少し引っ張ると隙間ができ、それらのパーツを伸縮性のゴムのようなものでまとめていることが分かります。バンドが伸びるので、着用の仕方はソロループと同様、ぐいっと伸ばして手を入れるだけ。それだけでストレスが大幅に軽減されます。

仕様がソロループと同様のため、バンドを留める金具もありません。金具がないと、デスクワークの際、金具が机に当たり机やパソコンを傷つける心配がないため、無駄な心労もありません。

しばらく使ってみて

外出中や自宅内、お風呂に入る時にApple Watchを充電させている時以外、就寝する時も含めてしばらく使ってみました。ソロループ並みの使いやすさですが、気になる点もいくつか挙げていきます。

気になる点①:金属製のため、引っ掛かりが少し気になる

バンドを伸ばして装着するバンドのため留め具がありません。そのため、留め具が机やパソコンのパームレスト部分を傷つける心配はないのですが、金属製バンドの端の角が少し気になります。バンドをよく見てみると、薄いコーティングのような加工がされており、且つ、バンドの縁部分は少し丸みを帯びた形状をしていることが分かります。手で触ると剥き出しの金属を触った感覚はないのですが、それでも装着していると、机やパソコンに触れた際に傷がついていないかなと心配になってしまうのが正直な感想です。

気になる点②:バンドを伸ばした時、注意しないと肉を挟む

細い板状のパーツをつなぎ合わせてできているので、最初に手を入れる時や着けていて少し位置をずらしたい時などに、隙間に皮膚を挟めることがあります(地味に痛い)。気をつけながらバンドを縮ませていけば、問題ありませんが、何も考えずに動かすと「痛っ」となることがあります。

以上、気になる点でした。正直、この2点に関しても慣れてしまえばそこまで気になるものでもありません。見た目のかっこよさや着脱のし易さとのトレードオフと考えると、飲み込めるレベルのものだと私は考えています。

終わりに

いかがでしたでしょうか。Apple Watchの機能性の高さから常に身につけている筆者ですが、それゆえの「飽き」という問題を解決する一手としては非常に良いバンドだと思います。

Apple Watchはバンドが簡単に交換できる点も優秀な点ですので、この機会に気分転換も兼ねて新しいバンドをもう1本買い足してみてはいかがでしょうか?

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。次回の記事でもよろしくお願いします。

また、Apple Watch関連の記事は他にも書いています。併せてお読みいただけると嬉しいです!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Latest Comments

表示できるコメントはありません。